【率直レビュー】EarFun Free第2世代ワイヤレスイヤホン【USB-C&5,000円以内】

新しいワイヤレスイヤホンがほしいな。5,000円以内で、機能やデザインにもこだわったコスパのいいものはないだろうか?

こんな悩みに答えていきます。

今回は、私が最近購入して大満足のワイヤレスイヤホン「EarFun Free」についてレビューします!

普段イヤホンで音楽を聴いたり、YouTubeを観たりすることが多い人にとって、イヤホンの良し悪しは重要な問題ですよね。

私はこれまでiPhone付属品のイヤホンを使っていたのですが、最近は在宅ワーク中にPCで動画を観ることも増えて、ずっとワイヤレスイヤホンがほしいなと思っていました。

ただ、何年も前に使ったワイヤレスイヤホンはブツブツ音が途切れたり、うまく耳に合わなかったりして逆にストレスに。そこからワイヤレスに対しての印象はちょっと悪くなっていたんですよね…。

そんな私が、今回「EarFun Free」という素晴らしいワイヤレスイヤホンに出会うことができたので、今回はその製品情報をシェアしたいと思います。

この製品は、自分でいいなと思って自腹で購入しています。メーカーからの製品提供によるレビュー記事はたくさん見つかるのですが、ぜひそれ以外のパターンとして参考にしていただければと思います。

  • 5,000円以内で買えるコスパのいいワイヤレスイヤホンを探している
  • EarFun Freeって本当に使えるの?
  • 音質や機能、デザインにまでこだわったワイヤレスイヤホンがほしい!
  • 在宅ワークにも使いやすいイヤホンがいい

こんなふうに思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

EarFun Free第2世代 Bluetooth 5.0 ワイヤレスイヤホンってどんな商品?

EarFunのケースにイヤホンを入れた写真

基本スペック

ブランドEarFun
ホワイト、ブラック
素材プラスチック
商品重量60g(充電ケース+イヤホン)
片耳イヤホンの重量5.5g
対応BLUETOOTHプロファイルA2DP、AVRCP、HFP、HSP
イヤホンの電池持続時間最大6時間(音量とオーディオ内容により異なる)
イヤホンの充電時間約1.5時間
充電ケースのバッテリー容量500mAh(イヤホンを4回フル充電可能)
充電ケースの充電時間USB-C充電で約2時間、ワイヤレス充電で約3.5時間
通信距離最大15m(人体、金属、壁などの障害物や電波状態によって変動)
保証期間18ヵ月のメーカー保証
Amazon、メーカー製品紹介ページより抜粋

製造元は、オーディオ業界の新鋭「EarFunテクノロジー株式会社」

EarFun Freeワイヤレスイヤホンを製造しているのは、EarFunテクノロジー株式会社。2018年10月に設立された、海外のベンチャー企業です。

企業Webサイトによれば、EarFunの創業者兼CEOは、オーディオ業界で15年の経験をもっているそう。

その他のコアメンバーも、大手企業で長年音響設計に携わっていたエンジニアや音響の専門家、工業デザイナーが中心。

次世代のワイヤレスオーディオ機器を製造することを目標に、次々と最新鋭の商品を世に送り出しています。

EarFun Freeワイヤレスイヤホンは、国際的な賞の受賞実績アリ!

EarFun Freeワイヤレスイヤホンは、発売以来、数々のメディアから高い評価を受けています。

  • 2019年:「CNET」(アメリカのIT分野に特化したメディア企業)のワイヤレスイヤホンランキングで6位受賞
  • 2020年:「CES 2020」(アメリカで開催される世界最大級の家電・電子機器の見本市)でイノベーション・アワード受賞

CESは業界向けの展示会なので一般の人にはあまり知られていないかもしれませんが、世界から最先端デジタルテクノロジーを扱う4500社以上の企業が出展する超大規模なイベントです。

「イノベーション・アワード」は、そのなかでも特に優れた企業・製品に贈られる賞となっています。

業界での評価も高いようです!

EarFun Freeワイヤレスイヤホンのメリット・おすすめポイント7つ

ここからは、EarFunの機能の特徴やメリット、おすすめポイントを取り上げていきます。
私が使用しての率直な感想も加えているので、参考にしてください。

①:完全ワイヤレスで、接続が安定している

EarFun Freeワイヤレスイヤホンは、最新のTWS(True Wireless Stereo)技術が使われています。

ただ「TWS技術」といってもイマイチピンときませんよね。(私はそうでした)

これは、つまり「完全ワイヤレスイヤホン」のことを意味しています。

左右のイヤホンを線(ケーブル)で結ばない、それぞれが独立した形になっているのが完全ワイヤレスイヤホンの特徴。

その最大の魅力は、コンパクトで、有線ならではのわずらわしさから解放されることです。

さらに、この製品では最新の「Bluetooth 5.0チップ」を採用しており、最大15mの通信距離を実現。多少離れた場所に動いても、つながりやすさが、より強固なものになっています。

家の中を移動して、何枚か扉を挟んでも音は途切れませんでした!

②:人間工学デザインを採用し、耳へのフィット感が抜群

EarFun Freeワイヤレスイヤホンのデザインには、人間工学の考え方が採用されいてます。

つまり、人の自然な動きに合わせた機能性や形状が取り入れられているということです。

昔のイヤホンって、けっこうゴツゴツして耳の中に入れるとかなり違和感があったり、痛くなってしまったりするものもありましたよね。

EarFun Freeはしっかり耳にフィットするカナル型なので、日常動作はもちろん、運動中でも外れにくい形状になっています。

イヤーピースはS、M、Lの3サイズが付属。私は耳が小さめなのですがSがちょうどでした。遮音性が高いので、PCを使っての仕事中、周囲の音をカットして集中したいときにも使えるなと感じました。

③:完全防水対応!【入浴時や真夏でも安心】

EarFunワイヤレスイヤホンはIPX7完全防水です。

IPX7」というのは、IEC(国際電気標準会議)が定めている防水レベルを意味しています。IPX0からIPX8まであって、数字が大きいほど防水性能が高いことを示します。

IPX7は「水に浸しても影響がないように保護されている」ことを示し、かなり防水レベルは高いです。(ちなみにiPhone 11は最高レベルのIPX8、iPhone SEはIPX7)

夏場で汗を大量にかいてしまったり、入浴中に使ったりする場合も心配はいりません。(※ケースは防水仕様ではないので、ご注意くださいね)

実際に入浴中などにも使ってみましたが、いまのところ何の不具合も出ていません。

④:付属ケースで簡単に充電。最大30時間再生可能

イヤホンの充電方法は、付属の専用ケースに入れるだけでOK。1回のフル充電で6時間連続再生可能です。

ケースにしまうときは、磁気の力によって吸い込まれるようにキレイに収まります。

ケース自体の充電は、付属のUSB-CケーブルをPCなどにつなげて行うか、別売りのワイヤレス充電器を使ってもOK。フル充電したケースを使えば、最大で30時間の再生ができます。

ちなみに10分間だけの充電でも2時間再生できます。すぐに使いたい!というときに、イライラせずに済みます。

最近はUSB-Cがかなり普及してきているので、これはうれしいポイント! 日常使用だと長時間使えるのでストレスフリーです。数日程度の旅行には、ケースに入れて持っていくだけで十分だなという実感。

⑤:ペアリングが素早く楽々。本体のボタンで各種操作OK。

EarFunワイヤレスイヤホンは、スマートフォン、パソコン、タブレットなどのBluetooth対応デバイスとペアリングできます。

一度ペアリングを済ませれば、次回は充電ケースから取り出すと自動的に再接続されるので素早く使えます。

また、イヤホン本体のボタンにて「再生/一時停止」「音量調節(16段階)」「曲送り/曲戻し」「電話を受ける/切る」「着信拒否」「音声アシスト機能」「電源オンオフ」の操作ができます。

たとえば音量を上げたいときは右のボタンを2回短押し、音量を下げたいときは左のボタンを2回短押しです。

iPhone、PCともにペアリングはすぐできました。次回からは特別な操作もなくそのまま使えるので、楽です。

⑥:手が届きやすい価格設定

オーディオ系のアイテムは高いものほど音質や機能がよい傾向があり、安いものだと「まあこんなもんだよね」と思うことが多いです。

ですが、EarFun Freeはその予想を良い意味で裏切ってくれます

高い部類の完全ワイヤレスイヤホンとして有名なのが、ご存じ、Appleの「AirPods」。発売された当初はユニークな形として、いろいろな意味で話題を集めましたね。

実際、AirPodsは評判もすこぶるよいのですが、最も安いタイプのものでも値段は20,000円ほど。

正直、「ここまではちょっと出せないな…」と思ってしまう人もいると思います。(私がそうでした)

それに対して、EarFun Freeの値段は4,980円Amazon.co.jpにて7/16時点)。手が届きやすい価格でうれしいです。

以前AirPodsを借りてみたことがありますが、コスパ的にはAirPods以上の満足感が得られるんじゃないかと思うほどです。

⑦:その他

上記以外の特徴を挙げていきます!

  • 内蔵MEMSを搭載しており、電話にはノイズキャンセル機能が効く
  • カラーはホワイト、ブラックの2色から選べる
  • 左右どちらかのイヤホンのみ単独使用OK
  • スマホでイヤホンの電池残量を確認できる
  • 購入時から18ヵ月の保証つき。交換や返品などに応じてくれる

といった感じで、機能としてはもう十分です。

届いたときの様子・内容物

ここからは、EarFun Freeワイヤレスイヤホンがどんなカタチをしているのか、写真中心に紹介します。

まずは外観。

EarFunの外観写真

外箱から中箱を引き出すと、中身はこんなふうになっていました。非常にキレイに収まっており、この時点でちょっとホッとします。

EarFunの内容物写真
左から時計回りに、説明書、充電用USB-Cケーブル、本体(ケースとイヤホン)、付け替え用イヤーピース

イヤーピースはS、M、Lの3サイズ。デフォルトではMサイズが付けられており、私はSサイズに付け替えました。

説明書は複数言語対応。日本語もあるのがうれしいです。

EarFun日本語の説明書写真
説明書の日本語ページ

さて、こちらがイヤホンを収納するケースです。手前の4つ光っているランプで、充電の残量がわかるようになっています。

EarFunのケース
ケースは手のひらサイズでかわいい

イヤホンをケースに収納すると、こんな感じになります。左右のイヤホン上部が音量調整などができるボタン。赤や青のランプの点灯の仕方で、イヤホンの状態(電源のオンオフ、充電中など)がわかるようになっています。

EarFunのケースにイヤホンを入れた写真
磁気の力でイヤホンはキレイにおさまります

EarFun Freeワイヤレスイヤホンのデメリット・気になる点は?

正直、とりたててデメリットは思い当たりません

強いていえばワイヤレスなので、有線のイヤホンよりもなくしやすそうな気がします。ただ、これはEarFun Freeに限らず、すべてのワイヤレスイヤホンにいえることですよね。

若干大きめにも見えますが、自宅使用がメインなので問題なし。それに最近はワイヤレスイヤホンを使う人も増えているので、そんなに違和感がないです。フィット感のほうが重要ですね。

購入時に(ほぼ)フル充電されていたことや、丁寧な梱包なども含め、大満足の買い物になった印象です。

半年、1年と長期間使っていったら何かしらの不具合が出るかもしれませんが、購入時から18ヵ月間の保証がついているので安心。

Amazon.co.jpのレビューを見ても、598評価中、星5つ中の4.3(2020/7/16時点)で、かなりの高評価です。Appleブランドにこだわらない人であれば、EarFun Freeで十分満足という声が目立ちました。

まとめ:EarFun Freeワイヤレスイヤホンは、値段以上のお得感!

EarFun Freeワイヤレスイヤホンはこんな人におすすめ
  • 5000円以内で買えるコスパのいいワイヤレスイヤホンを探している
  • EarFun Freeって本当に使えるの?
  • 音質や機能、デザインにまでこだわったワイヤレスイヤホンがほしい!
  • 在宅ワークにも使いやすいイヤホンがいい

私は「そこそこ使えればいいかな」くらいに思って注文したのですが、期待以上の買い物になりました。

音は変なクセがなくて聴き取りやすいです。低音は不自然に出過ぎず、高音もシャカシャカせず自然。アコースティックやクラシック系の楽器の音も落ち着いて、響きがキレイに聴こえました。

iPhoneの付属イヤホンとも、わりと近いような気がします。

そもそも最高級の音質を求める人は、これくらいの価格帯のイヤホンは購入しないでしょうから、5,000円以下のワイヤレスイヤホンとしては十分過ぎるほど十分

コスパがよく、幅広い人に受け入れられるワイヤレスイヤホンという印象でした!

機能性にすぐれたおすすめワイヤレスイヤホンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる