【2020年厳選】地方移住経験者による、おすすめ本・雑誌4冊【田舎暮らしのリアルを知る】

こんにちは! やまももです。
2020年、東京都から長野県松本市へ夫婦二人で移住しました。

「都会を離れて地方へ移住しようかな?」「そろそろ田舎暮らしを考えてみたい…」なんて思い始めたら、必ずやっておきたいことのひとつが「情報収集」です。

  • 地方移住ってどんな感じなんだろう?
  • 田舎暮らしって大変じゃないのかな?
  • 地方移住後の暮らしがなかなかイメージできない
  • 自分に合う移住のカタチってどんなのだろう

こういった疑問や不安は、地方移住を考える人なら誰もが抱えるものだと思います。

とくに「移住」というまったく見知らぬ土地での生活を成功させるには、事前にしっかりと情報を集めて、移住の目的や田舎での生活イメージを明確にしていくことが大切です。

情報収集の仕方はいろいろとありますが、本や雑誌では、著者の移住体験談に深く触れることができたり、全国各地の移住経験者のインタビュー記事がわかりやすくまとめられていたりするので、おすすめです。

ただ、最近は地方創生や移住ブームの流れから、その関連本・雑誌が多数出版されていて、何を読めばいいか迷ってしまう人もいるのではないかと感じています。正直、私自身「これは微妙…」と思った本も。

そこで今回は、実際に地方移住をした私が、移住を検討している人におすすめの本・雑誌を厳選してご紹介します。

これまで、たくさんの移住関連本・雑誌を読んできました! 実際に移住してからも勉強のために読み続けているので、とくに役立つと感じたものや、視点が面白いものを中心に紹介しますね。

目次

地方移住・田舎暮らし関連の本・雑誌を読むときに注意したいこと

地方移住や田舎暮らしのおすすめ本・雑誌をご紹介する前に、そういった本を読むときに注意したいポイントを紹介します。

これを理解しておかないと、いろんなものを読めば読むほど気持ちが揺れ動いてしまい、自分の理想がよくわからなくなってしまう可能性があるからです。

体験談→個人の価値観・考えが多く含まれていることを念頭に

地方移住や田舎暮らしの体験談をまとめた本では、各移住者の体験に基づく意見や、個々の価値観(主観)がバリバリ含まれている場合が多いです。

ですから、ある本では

笑顔の家族

地方移住は最高! 人生がハッピーになった! みんなもっと都会から田舎へ移り住むべき!

といった内容がたくさん書かれている一方、別の本では

田舎暮らしは思うほど楽しくない。キツイことばかりだった…。

なんていうことが中心に書かれているものもあります。

これはどちらも間違いではありません。

移住のカタチは一人ひとりまったく異なるものだからです。

私たちはつい、「地方移住」や「田舎暮らし」というものをひとくくりに考えてしまいがちですが、そもそも人によって移住の目的も違えば、理想のライフスタイル、移住先の地域事情なども違います

言ってしまえば、たとえ同じ地域に移住した先輩移住者がいて、その人が移住生活を満喫していたとしても、自分がその土地での暮らしを楽しいと思えるかはわかりません。

地方移住で大切なのは、自分にとって何が幸せな生活なのかをよく考えて、自分に合う場所を探していくこと。

その理想をハッキリさせていくために、あるいは慣れない土地で出会うトラブルや出来事を事前に把握しておくために、他の人の体験談はかなり役立ちます。

体験談を読むときは、どんなに良いこと、またはネガティブなことが書かれていていても、「これは、あくまでもこの人の考えなんだ」という気持ちを持っておいてください。そうすれば、冷静に田舎暮らしのことをイメージできるようになります。

複数の本・雑誌を読むのがおすすめ

地方移住や田舎暮らしの情報を入手していくときは、複数の本や雑誌を読むことをおすすめします。

本からは、移住者の具体的エピソード(移住を考えたきっかけ・苦労話・生活の楽しさなど)を深掘りした形で触れていけるのが魅力。個々の体験談を通して、自分が理想とする移住や田舎暮らしのカタチをリアルにしていくのに役立ちます。

一方、雑誌では「地方移住のトレンド」「田舎暮らしのライフスタイル」「日本全国の最新移住情報」など、ユニークなテーマや切り口の記事をまとめて追いかけられるのが面白いところです。

先ほどお話しした通り、特定の体験談だけで「地方移住や田舎暮らしとはこういうもの」と決め込んでしまうのはキケンなので、ぜひ幅広い本・雑誌に目を通してみてください。

地方移住・田舎暮らしのおすすめ本・雑誌4選

ここからは、地方移住・田舎暮らしのことがわかるおすすめ本&雑誌を厳選して4冊ご紹介します!

①:誰も教えてくれない田舎暮らしの教科書

最初に紹介するのは、地方移住や田舎暮らしの厳しさがわかる一冊。あえてこの本をはじめに紹介するのは、地方移住や田舎暮らしのリアルを理解するのにうってつけの本だと思ったからです。

田舎暮らしにキラキラしたイメージを抱いている人は、この本を読み進めると頭をガツンと殴られたような気分になるかもしれません。

この本の著者は、20年前に長野県で初めて週末移住をスタートし、その後、千葉県の外房へ移住。さらに数年単位で拠点を変えながら、北から南まで10ヵ所以上の土地へ移り住んできたそうです。
そんな筆者の体験談から、田舎で暮らすことの厳しさや大変さのリアルが語られています。

たとえば、本書の「はじめに」では、さっそくこんなフレーズが。

住めば都――。日本ではそんな言われ方があるが、それはあくまでも本人の心の持ちよう次第であって、本質は、住めば地獄、であることさえ少なくない。むしろそのほうが多いだろう。

誰も教えてくれない田舎暮らしの教科書

そして読み進めていくと、こう書かれています。

移住先ではとことん、労力と役務の無償提供が求められると思ったほうがいい。

誰も教えてくれない田舎暮らしの教科書

うーん、なかなか厳しいですね…。ただ、よく読むとこの言葉の背景にもちゃんと理由があって、それも事例を出しながらわかりやすく説明してくれています。

また、筆者はただ厳しいことをズケズケ言っているわけではなく、非常に現実的なアドバイスも多く伝えてくれます。

たとえば、

  • 市町村のパンフレットは鵜呑みにするな
  • 移住先は厳寒期に訪問して探せ
  • 1時間以内に大学病院がある土地が理想

など。ほかにも筆者の移住経験から、田舎暮らしの実生活に役立つさまざまな情報が書かれています

他の移住関連本は、どちらかというと「憧れのローカルライフ」的な面に光を当てて書かれているものが多いです。それはそれで前向きなイメージを膨らませるのにとてもいいのですが、「移住前には理想の生活についてしっかり考えるべきということを理解するために、この本にも目を通しておくことを強くおすすめします。

②:週末は田舎暮らし—ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記

次は、最近ちょっとブームになっている「二地域居住」を楽しんでいる著者の体験談をまとめた本です。

平日は都会で働き、週末は田舎で解放的に暮らす。そんなライフスタイルを選ぶ人は、さらに増えてくるんじゃないかと思っています。週末だけ田舎で暮らすなら、ちょっとくらい家や環境が不便でも問題ないですからね。こういう楽しみ方もあるだろうなと。

二地域居住をするうえでの葛藤や大変なことも書かれており、「どこで暮らすか」を真剣に考えている筆者の思いがよく伝わります。

二地域居住に興味がない人にとっても、自分らしい生き方を考えるうえで参考になると思います。

③:地方でクリエイティブな仕事をする

こちらは2020年5月に出版された、比較的新しい本。

著者の笠原徹さんはカメラマンで、千葉県出身で佐賀県へ移住後、古民家をリノベーションした写真館をオープン。地方活性化事業にも注力し、非常にユニークな活動がメディアからも注目を集めています。

「クリエイティブ」と聞くと自分には関係ないと思う人もいるかもしれません。ですが、むしろ会社勤めの人の視野を広げてくれる本だと感じます。もちろんフリーランスや起業したい人にもおすすめ。

地方にはどんな可能性が秘められていて、地方でどう自分らしく生きていけるのか。そういった新しい気付きを与えてくれる素晴らしい内容です。Amazonなどの評価も高く、多くの人に響く内容だと思います。

④:ロコラ

次は雑誌です。『ロコラ』は2019年に創刊された、新たな地方移住の情報誌。

理想の暮らしを求めて、新しい場所へ! これからの世代に向けた積極的移住ライフマガジン」のキャッチコピー通り、比較的若い世代(30~40代くらい)をターゲットにした内容となっています。

移住関連の雑誌はいくつか出ているのですが、個人的にこちらが最高です。読みやすく、内容もわかりやすい。

2019年に創刊されたものなので、最近の地方移住・田舎暮らしのあり方に焦点を当てられているのもイイ感じです。

全体の内容は大きく以下のようなカテゴリーに分かれています。

  • 日本各地へ移住した人のストーリー(体験談)インタビュー
  • 地方での生活や田舎暮らしを楽しくする家づくりやアイテム紹介
  • 地方移住に関する基礎的な情報

誌面デザインも洗練されていて、キレイな写真も豊富。ページをめくるたびにワクワクしますが、フワッとした話だけではなく、地方移住で考えるべきことなど現実的な話も載っており、情報量は十分

2020年8月現在でVol.3まで出ています。私はすべて購入し、どれも満足したのですが、Vol.1では地方移住の基礎講座コーナーがあるので、とりあえずそちらから読んでみるのがおすすめです!

まとめ:地方移住の情報はできるだけ多く集めることをおすすめ

都会から地方へ移り住むには、いろいろな不安があるものです。私にとってそんな不安を解消する大きな助けになったのがここで紹介したような本・雑誌でした。

いろいろな角度から情報を集めれば、地方移住の心構えができますし、理想の暮らし方も見えてきます。

あらためて、今回ご紹介した本・雑誌をまとめますね。

①:ただ憧れだけでは楽しめない、田舎暮らしの現実と厳しさがわかる

②:二地域居住の暮らしのリアルに触れ、「どこで生きるか」を真剣に考えるきっかけになる

③:地方には可能性があふれていることに気付き、思考の幅を広げてくれる

④:情報量豊富! 地方移住の基礎知識がわかり、田舎暮らしを楽しむ人のストーリーも楽しめる

以上の4冊です。


今回ご紹介したものを含め、移住や田舎暮らし関連の本・雑誌は他にも出ています。

そのなかにはAmazonの「Kindle Unlimited」(電子書籍の読み放題サービス)で読めるものが複数あるので、それを使ってできるだけ多くの情報を集めていくのもおすすめです。(個人的イチオシの『ロコラ』もVol.1~Vol.3まですべて読めます

この読み放題サービスは月額980円ですが、本や雑誌を普通に買えば1冊1,000円前後するので、いろいろな情報を集めたいときにはかなりお得。私はつい最近利用し始めたので、「移住前に知りたかった…」とちょっと後悔しています。

なお、初回30日間は無料でフルサービスお試し可能。無料期間中に好きなだけ情報を集めて解約してしまえば、一切お金がかかりません。確実にお得なので、情報収集をしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる